Gaboratory/ガボラトリーのミシンウォレット

Gaboratory/ ガボラトリー のウォレットというと、インレイ加工によってクロスモチーフやGクラウンを施したバイカーウォレットをイメージされる方も多いのではないだろうか?少なくとも私はその一人だった。

 

gaboratory-wallet

 

 

肉厚なカウハイドレザーに無駄をすべてそぎ落としたようなシンプルなデザイン。ガボールというよりむしろクロムハーツを思わせるようなこのウォレットはガボラトリー初期にアトリエで制作されていたものだという。

 

ブランド独特のスナップボタンとTバーからしかGaboratory製であることが伺えないが、ウォレットのフラップ部分(スナップボタンのある面)にはかつて【Gaboratoryのアトリエマークが型押しされていたようだ。

 

経年変化により既にアトリエマークの型押しは観察できなくなってしまっているが、光の当たり具合や角度によってその痕跡が見てとれるのが興味深い。ミシンで縫い付けられた上質なレザーは解れることもなく未だに堅牢な作りを保ってくれているのが心強い。

 

一時、このシンプルすぎるウォレットをシルバーのパーツで飾ってみようと考えたことがあったが、結局は実行することはなかった。なぜなら【ひとつのオリジナルとしてオリジナルのまま継承すべき】という考えに至ったからである。

 

小銭入れは無いし日本札は折らないと入らない。不便極まりないこのウォレットを私はとても気に入っている。

 

 

by Dad

[`yahoo` not found]
LINEで送る